アバルト 595 に「黄金のサソリ」…A112アバルト・タルガ・オーロをオマージュ[動画]

ブラックボディにゴールドのアルミホイール

ブラック内装にゴールドのアクセント

0~100km/h加速7.3秒で最高速218km/h

アバルト595スコルピオーネ・オーロ
アバルト595スコルピオーネ・オーロ全 15 枚写真をすべて見る

フィアットの高性能車部門のアバルトは8月28日、アバルト『595スコルピオーネ・オーロ』(Abarth 595 Scorpioneoro)を欧州で発表した。

同車は、名車アウトビアンキ『A112アバルト』の限定車として、1979年に150台が生産された「A112アバルト・タルガ・オーロ」に敬意を表したモデルだ。アバルト595スコルピオーネ・オーロは、2000台が限定生産される。

アバルト595スコルピオーネ・オーロは、イタリアの「グランツーリスモ」の伝統に従い、ブラックのカラーリング、ゴールドのディテール、洗練されたインテリア、充実した装備などを備える。車名の「スコルピオーネ・オーロ」とは、黄金のサソリを意味している。

ブラックボディにゴールドのアルミホイール

アバルト595スコルピオーネ・オーロは、ライフスタイルとパフォーマンスの完璧な融合を目指している。日常の快適性を維持しながら、洗練されたディテールやパフォーマンスを忘れたくない顧客のために開発された。

アバルト595スコルピオーネ・オーロは、1979年のA112アバルト・タルガ・オーロ同様、ブラックのカラーリングをまとう。足元は、光沢ゴールド塗装のアルミホイールで引き締められた。

ボディカラーはブラックを基本に、ゴールドのストライプを添えた。ブラック以外では、ポディウムブルー、レーシングホワイト、レコードグレイが選択できる。ルーフには、マットブラックのチェスパターンが施された。ドアハンドルやドアミラーカバーもマットブラックで仕上げられる。クールさを強調するために、ボンネットにはサソリのデカールが配された。17インチの「ゴールデン」ホイール、17インチの「ブラック」アルミホイール(オプション)には、ゴールドのアクセントが入る。ホイールセンターキャップには、金色のサソリが添えられた。

ブラック内装にゴールドのアクセント

インテリアには、ブラックレザー張りの新しいスポーツシートを装備した。フロントシートのヘッドレストには、イタリア国旗や、「Scorpioneoro」のレタリングが刺繍されている。ブラックのダッシュボードは、マットブラック仕上げが施された。

センタートンネルのゴールドプレートとパーソナライズされたフロアマットも装備されている。コックピットには、限定車を示すシリアルナンバープレートが装着されており、「コレクターズアイテム」となることを狙う

インフォテインメントシステムは、Appleの「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」を搭載した7インチHD 「Uconnect 」システムだ。高解像度モニター、GPSおよびDABデジタルラジオを採用する。出力480Wの「BeatsAudio」システムと、レコーディングスタジオの音響を再現できる最先端のイコライゼーションアルゴリズムを含む8チャンネルのデジタルスピーカーが装備された。

0~100km/h加速7.3秒で最高速218km/h

パワートレインには、1.4リットル直列4気筒ガソリンエンジンに、大容量のギャレット製ターボチャージャーを装着した。圧縮比は9:1で、燃焼室の温度も最適化された。「レコード モンツァ」のアクティブエキゾーストシステムが装着される。

これらのチューニングにより、最大出力165hp、最大トルク23.5kgmを獲得する。23.5kgmの最大トルクは、2250rpmの低回転域で引き出される。0~100km/h加速は7.3秒、最高速は218km/hだ。80km/hから120km/hの中間加速は、7.8秒となる。

トランスミッションは、マニュアルトランスミッションを基本に、パドルシフトを備えた「アバルトロボットシーケンシャルトランスミッション」が選択できる。1.4 リットルの「Tジェット」エンジンは、欧州の排出ガス基準の「Euro6D TEMP」に適合している。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV