ハーレー初の電動バイクで中南米1万3000マイルを走破、「Long Way Up」9月18日公開

Long Way Up
Long Way Up全 5 枚写真をすべて見る

ハーレーダビッドソン初の電動バイク『ライブワイヤー』で中南米を旅する冒険シリーズ「Long Way Up」の新編が9月18日からApple TV+で公開される。

出演は、ユアン・マクレガーとチャーリー・ブアマン。全11話の新シリーズは、最初の3話を9月18日に公開、新しいエピソードは毎週金曜日に配信される予定だ。

Long Way Upでは、マクレガーとブアマンが、バイクで世界一周をした最後の冒険から10年以上の時を経て、旅と友情の究極の冒険のために再会する。これまでで最も過酷な遠征となるこの作品では、南米の先端に位置するウシュアイアからロサンゼルスまでの1万3000マイルを、特別に改造したライブワイヤーで100日間をかけて旅をする。現在、本作品の公式予告編が公開中だ。

ライブワイヤーはハーレーダビッドソン初の完全電動モーターサイクル。クラッチ操作不要で、0-100km加速は3秒。満充電での最大航続距離は235km(シティモード)に達する。。現在、北米・欧州で販売中。日本での発売については、まもなくアナウンスされる計画となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • ホンダ フォルツァ
  • ホンダ X-ADV
  • トライアンフ「トライデント・コンセプト・プロトタイプ」
  • 「LMWアッカーマン・ジオメトリ」を採用するヤマハ トリシティ300 ABS
  • ヤマハ トリシティ300 ABS
  • KTM 1290スーパーデュークR(上)と1290スーパーデュークGT(下)
  • ハスクバーナ・モーターサイクルズ ピレン701シリーズ
  • Ninja ZX-25R

ピックアップ