ルノー日産、ウーバーと戦略的提携…ドライバーのEV導入を支援

日産リーフ
日産リーフ全 2 枚写真をすべて見る

ルノー(Renault)と日産(Nissan)、ウーバー(Uber)は9月8日、欧州市場において戦略的提携を結ぶことで合意した、と発表した。

3社のパートナーシップでは、英国、フランス、オランダ、ポルトガルなどの欧州市場のウーバーのドライバーに、手頃な価格でEVを提供する。これは英国において、日産とウーバーが実施してきたパイロットプロジェクトに続くものだ。

ウーバーは2025年までに、欧州の7都市(オランダ・アムステルダム、ドイツ・ベルリン、ベルギー・ブリュッセル、ポルトガル・リスボン、英国ロンドン、スペイン・マドリード、フランス・パリ)において、車両の50%をEVに置き換えることを目指す。ウーバーは2021年末までに、欧州で事業展開している都市の8割で、利用者がゼロエミッション車を選択できるようにする計画だ。

ウーバーは、スマートフォン向けアプリの「Uber App」を通じて、ドライバーのルノーと日産のEV導入を支援する。これらのEVには、ルノー『ゾエ』や日産『リーフ』、両社の将来の新型EVが含まれる。

また、3社は共同で、ウーバーのドライバーにEVの特長や長所を紹介し、EVを体験できるテストドライブの機会を設けていく、としている。

《森脇稔》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV