依然続くJRへのコロナ余波…『(ワイドビュー)南紀』に2両編成、四国では都市圏の最終列車を減便

8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。
8000系電車による特急『しおかぜ・いしづち』。10月1日からは『しおかぜ3・5・16・18号』が単独運転となるため、宇多津・多度津以西で併結される高松~松山間の『いしづち3・5・16・18号』は、高松~宇多津・多度津間の単独運転となる。全 2 枚写真をすべて見る

JR東海とJR四国は9月16日、新型コロナウイルス感染拡大による利用状況の変化を踏まえ、列車の編成減車や運行形態の変更、運休を実施すると発表した。

JR東海では、名古屋~新宮・紀伊勝浦間で運行している特急『(ワイドビュー)南紀』の編成変更を11月1日から実施。同列車は所定がキハ85系による4両編成だが、これを閑散期には、半室グリーン車のキロハ84形や普通車のキハ84形を減車した、オール普通車の2または3両編成とする。繁忙期の5または6両編成は継続される。

一方、JR四国では、8000系または8600系特急型電車で運行されている岡山~松山間の特急『しおかぜ』上下各2本と、高松~松山間の特急『いしづち』上下各2本での、宇多津・多度津~松山間での併結運行を10月1日から当面の間中止。普通列車では高松、松山、高知、徳島の各駅を発着する最終列車計6本が運休となる。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 冬用の基本制服。『36ぷらす3』の車体イメージである黒を基調に列車の力強さを表現。ジャケットとベストには車体ロゴに使用したゴールドのブローチが付く。
  • 9月9日に発表されていた「鹿児島本線 赤間駅、福間駅、古賀駅、香椎駅、箱崎駅 開業130周年記念乗車券」の記念台紙。
  • 「臨時ライナー」に充当される京成AE形。
  • 新駅開業を伝える記者会見の様子。
  • 鬼滅の刃
  • この年末年始から青函トンネルでの210km/h走行が始まる北海道新幹線。
  • DMV導入により引退することになった、阿佐海岸鉄道の気動車。
  • 嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。

ピックアップ

Response.TV