フィアット 500X、ジーンズブルーの限定車発売へ

フィアット 500Xインディゴ
フィアット 500Xインディゴ全 6 枚写真をすべて見る

FCAジャパンは、フィアット『500X』に、ブルーのマット塗装や18インチアルミホイールを採用した特別仕様車「インディゴ」を設定し、10月3日より150台限定で販売する。

限定車はコンパクトSUVでありながら、ひとクラス上のゆとりを提供する500Xの美点はそのままに、特別なボディカラーやアルミホイールを付加することで、ひと味違った個性を求めるユーザーも満足できる台に仕上がっている。

ボディカラーには、デニムをイメージしたマットジーンズブルーを採用。光沢感を抑えたマットの淡いブルーがモダンな雰囲気を演出する。また、標準モデルより1インチサイズアップした18インチアルミホイールが足元をスタイリッシュに引き立てる。

インテリアには、ボディとコーディネートされたブルーのインストルメントパネルを採用。ブラックを基調とした落ち着いた車内に鮮やかなアクセントを加えている。

インディゴのベースモデルは『500Xクロス』。LEDヘッドライトやブラックレザーシート、アンビエントランプ、アダプティブクルーズコントロールなどを標準装備する。エンジンは最高出力151psを発生する1331cc直列4気筒ターボを搭載。ゆとりあるパワーと13.4km/リットル(WLTCモード)の低燃費を両立している。

価格は347万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV