九州新幹線西九州ルート武雄温泉-長崎間は2022年秋頃の完成・開業に…地上設備へ工事が移行

嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。
嬉野(うれしの)温泉駅(仮称)付近の建設現場。全 3 枚写真をすべて見る

独立行政法人鉄道建設・運輸施設整備支援機構(鉄道・運輸機構)とJR九州は9月24日、九州新幹線西九州ルート武雄温泉~長崎間の完成・開業時期が2022年秋頃となる見通しになったことを明らかにした。

同区間は2008年3月、スーパー特急方式により武雄温泉~諫早間の建設がスタート。2012年6月には武雄温泉~長崎間66km全線がフル規格に格上げされ、およそ10年後の完成を目途に工事が進められてきた。

現在、用地取得率が99%、土木工事着手率が100%となっており、工事は軌道や電気、駅舎建築といった地上設備へ移行している段階。鉄道・運輸機構では工事完了後の施設検査や走行試験、乗務員の訓練運転、国土交通省による完成検査などに要する時間を勘案し「今後の工事スケジュールが見通せる時期となりました」として、今回の発表に至った。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ