軽四輪車中古車販売はコロナショックから回復、3か月連続でほぼ前年並み 8月

全国軽自動車協会連合会は、2020年8月の軽四輪車中古車販売台数を発表。前年同月比1.7%減の22万0857台と、微減ながら2か月連続のマイナスとなった。

5月は新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)の影響が大きく、同22.3%減で5年9か月ぶりの20万台割れとなったが、6月は9か月ぶりのプラスに転じ、7月、8月もほぼ前年並みの販売台数となった。

ブランド別では、ダイハツが同2.4%減の7万1590台、2か月連続のマイナスながら23か月連続でトップ。2位スズキは同1.4%減の6万7046台で2か月連続の減少となった。そのほかでは日産とトヨタが前年同月実績を上回った。

車種別では、乗用車が同2.4%減の17万5892台で2か月連続のマイナス、貨物車は同0.8%増の4万4965台で2か月ぶりのプラス。このうち、バンが同2.2%増の2万2453台で2か月ぶりのプラス、トラックが同0.5%減の2万2512台で2か月連続のマイナスとなった。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

Response.TV