スズキ SERT、4年ぶり16回目の年間チャンピオン獲得…FIM世界耐久

スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)
スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)全 7 枚写真をすべて見る

「2019-2020 FIM 世界耐久選手権」に参戦している「スズキ・エンデュランス・レーシングチーム(SERT)」が9月26日、ポルトガル エストリルサーキットで行われた最終戦「エストリル12時間」で4位を獲得し、4年ぶり、16回目の年間チャンピオンを獲得した。

二輪車世界耐久選手権は、市販車ベースのマシンで争われる耐久レース。今シーズンは年間4戦が開催され、スズキはスーパースポーツモデル『GSX-R1000』で参戦している。

今シーズン、SERTはヨシムラジャパンの技術支援も受けながら、第1戦のフランス「ボルドール24時間」で優勝した後、第3戦のフランス「ル・マン24時間」では3位表彰台を獲得。最終戦を前に、シーズン累計ポイントランキングでは2位と40ポイント差でトップに立っていた。

そして最終戦(第4戦)は4位で、累計ポイントは2位と18ポイント差の167.5ポイントとなり、年間チャンピオンを獲得。SERTのチームワークの高さとGSX-R1000の高い総合力を証明した。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV