新車販売総合、4年連続トップの N-BOX に ヤリス が肉薄 2020年度上半期

ホンダN-BOXカスタム
ホンダN-BOXカスタム全 2 枚写真をすべて見る

日本自動車販売協会連合会と全国軽自動車協会連合会は10月6日、2020年度上半期(4~9月)の車名別新車販売台数(速報)を発表。ホンダ『N-BOX』が前年同期比33.4%減の9万0612台を販売し、4年連続のトップとなった。

登録車トップのトヨタ『ヤリス』は7万9400台で2位。首位N-BOXに約1万台差まで迫る健闘を見せた。3位には、同21.8%減ながら6万2399台を販売したスズキ『スペーシア』がランクイン。トップ10の中に占める割合は前年同様、軽自動車、登録車ともに5台ずつとなった。

2020年度上半期 車名別新車販売台数ランキング

1位[1位]:ホンダN-BOX 9万0612台(33.4%減・5年ぶり減)
2位[15位]:トヨタ・ヤリス 7万9400台(81.6%増・2年ぶり増)
3位[4位]:スズキ・スペーシア 6万2399台(21.8%減・5年ぶり減)
4位[-]:トヨタ・ライズ 6万1035台
5位[11位]:トヨタ・カローラ 5万5854台(15.0%増・3年連続増)
6位[2位]:ダイハツ・タント 5万2210台(40.8%減・2年ぶり減)
7位[17位]:ホンダ・フィット 5万0521台(16.7%増・2年連続増)
8位[22位]:トヨタ・アルファード 4万4311台(32.3%増・4年連続増)
9位[-]:日産ルークス 4万1112台
10位[6位]:ダイハツ・ムーヴ 4万0398台(35.6%減・2年ぶり減)

※[]内は前年順位、()内は前年比
※ヤリスは前年同期のヴィッツとの比較の参考値

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV