300馬力超えPHEVの「PSE」もあるぞ…プジョー 308 次期型、生産ボディに接近

プジョー 308 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
プジョー 308 次期型プロトタイプ(スクープ写真)全 13 枚写真をすべて見る

プジョーが開発中のコンパクトハッチバック、『308』次期型プロトタイプをカメラが捉えた。

初代308は、2007年に『307』後継モデルとして登場。現行型の第2世代は2013年から販売されており、7年ぶりのフルモデルチェンジとなる。CセグメントのベンチマークであるVW『ゴルフ』のライバルが牙を剥く。

次期型では「EMP2」プラットフォームを採用、ゼロから新設計され、居住空間が向上するはずだ。捉えたプロトタイプは、市販型コンポーネントとなるヘッドライト、ボディパネルを備え、大型のグリルが装着されている。またフロントバンパー下方まで伸びるLEDデイタイムランニングライトの一部が光を放っているのも確認できる。グリルの中央に取り付けられたフロントカメラは、先進安全システムの搭載を示唆している。

プジョー 308 次期型プロトタイプ(スクープ写真)
布で覆われたコックピットにはデジタル・インストルメント・クラスタを備える「i-Cockpit」の最新バージョンが搭載されることは間違いないだろう。またステアリングホイールに注目すると、通常のロゴではなく、パリモーターショー2018で公開された『e-Legend』コンセプトで初採用となった新世代のロゴらしきデザインが見てとれる。

心臓部には、1.2リットル直列3気筒ガソリンターボエンジン、1.5リットル直列4気筒ディーゼルをラインアップするが、最大の注目は「PSE」(プジョー・スポール・エンジニアード)によって手掛けられる全輪駆動ホットハッチの設定だろう。「308GTi by プジョースポール」後継モデルとなるこのモデルでは、1.6リットルガソリンエンジン+電気モーターを搭載するプラグインハイブリッドで、最高出力は300ps以上を発揮する。

308次期型のデビューは2021年内あるいは2022年前半と予想される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV