フォルシアとゴサン、FC物流車両開発で提携 最大12時間の自律動作可能

フォルシアとゴサンは、水素燃料によるゼロエミッションの物流車両開発で提携すると発表した。

運輸・物流車両などを手掛けるゴサンは、全世界で5万台以上の車両を保有。港湾ターミナル、空港、物流などで高い評価を得ている。

今回、ゴサンの物流・港湾車両にフォルシアの水素貯蔵システムを装備するパートナー提携を発表した。貯蔵システムは35気圧で5kgの水素を貯蔵し、最大12時間の自律動作が可能。フランス北西部バヴァンにあるフォルシアの水素タンク専用のグローバルセンターで開発・製造予定で、2020年からゴサンの2種類の車両に搭載される。

今回のパートナーシップ提携について、ゴサンのクリストフ・ゴサン会長は「今週、当社初の水素燃料車両を発売したが、これは二酸化炭素排出量ゼロの車両を幅広く提供するというゴサンの戦略にとって重要な一歩だ。未来のテクノロジーとして長い間注目されてきた水素エネルギー産業は勢いを増しており、フォルシアとのパートナー提携により、その未来に貢献できることを誇りに思っている」と述べた。

フォルシアのクリーンモビリティ エクゼクティブバイスプレジデント、マチアス・ミドライヒ氏は「水素燃料電池のパワートレインは、ゼロエミッションでの高出力と長時間の自律走行を必要とする車両の集中的な使用に最適だ。今回のフランス企業間のパートナー提携は世界的に大きな影響があり、商用車、農機、建機をはじめとする産業機械に向けたゼロエミッションソリューションを提供するフォルシアの水素戦略における重要なステップとなる」とコメントした。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

Response.TV