私鉄の特急も地域の特産品を輸送…東武『スペーシア』で実験 10月17日

地域の特産品を輸送する取組みはJR東日本の新幹線で実施されているが、東武でも特急を活用して実験が行なわれることになった。
地域の特産品を輸送する取組みはJR東日本の新幹線で実施されているが、東武でも特急を活用して実験が行なわれることになった。全 3 枚写真をすべて見る

東武鉄道(東武)は10月13日、100系特急用車両『スペーシア』を利用した地域特産品の輸送実験を10月17日に実施すると発表した。

これは同日に東京スカイツリータウン(東京都墨田区)で開催される「Welcome to Tochigiイベント」に合わせて、鬼怒川温泉6時41分発の特急『スペーシアきぬ110号』で実施されるもの。

鬼怒川温泉駅では温泉湯、7時19分発の新鹿沼駅では栃木県産の「にっこり梨」や地ビール「麦太郎」、きのこといった特産品をそれぞれ積み込み、8時46分着のとうきょうスカイツリー駅まで輸送。これらの特産品は、東京スカイツリータウンの「とちまるショップ」で10時30分から開催されるイベントでPRされる。

東武では「今回の実験を踏まえ、沿線での地域イベントや商業施設等への展開など、地域の活性化を目的とした地域特産品等の鉄道輸送について検討を進めてまいります」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。
  • 箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。
  • 「憧れの街」をデザインコンセプトにした銀座駅のホーム。壁面には「古き良き銀座の街並み」のイメージが描かれている。

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}