コロナ時代に対応した短期型ワ―ケーション「在旅勤務」を販売 WILLER

WILLER EXPRESSで行く「在旅勤務」を発売(イメージ)
WILLER EXPRESSで行く「在旅勤務」を発売(イメージ)全 9 枚写真をすべて見る

WILLERは10月14日、バスを活用する短期型ワーケーション「在旅勤務」を販売すると発表した。

働き方改革や、新たな生活様式の中、リモートワークやワーケーションなど、場所にとらわれない新しい働き方が注目されている。今回、働きながら休暇する「ワーケーション」が初めての人にも利用しやすい「WILLER EXPRESSで行く 気軽でお手頃な1~2泊の短期型ワーケーションプラン」を販売する。

非日常の環境でリフレッシュしたいものの、長期滞在するのはハードルが高いという人のニーズに対応する。

まず紅葉シーズンを迎える「京都」での在旅勤務プランを販売する。コロナ前は旅行者で例年混雑していたが、今年はゆったりとした紅葉シーズンの京都を堪能できるとしている。

今後、別のエリア・ホテルでの展開や、コワーキングスペースとのパッケージプランなどを設定する予定。相鉄フレッサイン京都八条口、客室(イメージ)相鉄フレッサイン京都八条口、客室(イメージ)

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV