近江鉄道グループがバスとJR西日本を一体化したICOCA定期を導入へ…鉄道は見送り 2021年3月から

2019年、近江鉄道バスに納車された元西武バスの車両。ICOCA導入エリアは、近江鉄道バスが路線バスと一部路線を除くコミュニティバス、湖北バスが彦根営業所の路線バスとコミュニティバス。
2019年、近江鉄道バスに納車された元西武バスの車両。ICOCA導入エリアは、近江鉄道バスが路線バスと一部路線を除くコミュニティバス、湖北バスが彦根営業所の路線バスとコミュニティバス。全 3 枚写真をすべて見る

滋賀県の近江鉄道と子会社の湖北バス、JR西日本は10月15日、JR西日本の交通系ICカードICOCAを、2021年3月27日に近江鉄道バスや湖北バスに導入すると発表した。

これに伴ない、近江鉄道と湖北バスではバス定期券とJR西日本の鉄道用定期券を一体化したICOCAバス定期券を導入。合わせてICOCAポイントサービスも開始するとしており、ICOCA導入エリアでは紙の定期券や回数券が廃止され、大半の定期券がICOCAバス定期券へ移行する。

ICOCAポイントサービスについては、1か月に1000円以上のチャージ残高を利用した場合、1001円以上の利用額のうち15%をICOCAポイントとして翌月に付与するとしている。

なお、近江鉄道の鉄道線については、多額の設備投資を要することを理由にICOCA導入が見送られている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV