近江鉄道グループがバスとJR西日本を一体化したICOCA定期を導入へ…鉄道は見送り 2021年3月から

2019年、近江鉄道バスに納車された元西武バスの車両。ICOCA導入エリアは、近江鉄道バスが路線バスと一部路線を除くコミュニティバス、湖北バスが彦根営業所の路線バスとコミュニティバス。
2019年、近江鉄道バスに納車された元西武バスの車両。ICOCA導入エリアは、近江鉄道バスが路線バスと一部路線を除くコミュニティバス、湖北バスが彦根営業所の路線バスとコミュニティバス。全 3 枚写真をすべて見る

滋賀県の近江鉄道と子会社の湖北バス、JR西日本は10月15日、JR西日本の交通系ICカードICOCAを、2021年3月27日に近江鉄道バスや湖北バスに導入すると発表した。

これに伴ない、近江鉄道と湖北バスではバス定期券とJR西日本の鉄道用定期券を一体化したICOCAバス定期券を導入。合わせてICOCAポイントサービスも開始するとしており、ICOCA導入エリアでは紙の定期券や回数券が廃止され、大半の定期券がICOCAバス定期券へ移行する。

ICOCAポイントサービスについては、1か月に1000円以上のチャージ残高を利用した場合、1001円以上の利用額のうち15%をICOCAポイントとして翌月に付与するとしている。

なお、近江鉄道の鉄道線については、多額の設備投資を要することを理由にICOCA導入が見送られている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。
  • JR西日本でも導入が予定されている交通系ICカードのモバイル対応。
  • 箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。
  • 「憧れの街」をデザインコンセプトにした銀座駅のホーム。壁面には「古き良き銀座の街並み」のイメージが描かれている。

ピックアップ

Response.TV
{* コンポーネント名 : 【AD】【/body 前】スマホ_オーバーレイ 説明 : スマホ用 body前にオーバーレイ広告を表示します。 ファイル名 : ad-s-bodyb-overlay.tpl *}