ダイハツ、タント など35万台をリコール ドラムブレーキ自動調整機構に不具合

ダイハツ・タント(2018年)
ダイハツ・タント(2018年)全 2 枚写真をすべて見る

ダイハツは10月15日、『タント』など19車種35万台について、リアブレーキに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、ダイハツ『ムーヴ』『キャスト』『ミライース』『タント』『ウェイク』『ムーヴキャンバス』『ハイゼットキャディー』『ブーン』『トール』、トヨタ『ピクシスエポック』『ピクシスジョイ』『ピクシスメガ』『パッソ』『ルーミー/タンク』、スバル『プレオ プラス』『ステラ』『シフォン』『ジャスティ』の19車種で、2017年10月10日から2018年5月18日に製造された35万3578台。

対象車両は、後輪ブレーキのシューとドラムの隙間を自動で調整する機構(ストラットセット)において、部品組立時のグリス塗布設備の管理が不適切なため、アジャスタボルトのネジ面のグリス塗布量が不足しているものがある。そのため、そのままの状態で使用を続けると、ネジ面が錆びて固着し、自動調整機構が作動しなくなるおそれがある。

改善措置として、全車両、アジャスタボルトを点検し、固着しているものはストラットセットを良品に交換、固着していないものはネジ面を清掃し、グリスを塗布する。

改善箇所改善箇所

不具合は636件発生、事故は起きていない。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

ダイハツ タントの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  4. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  5. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  6. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  7. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  8. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  9. 先進技術をモノにしたアルファ ロメオ『ステルヴィオ』は、世のSUVと一線を画すグランドツーリングSUVだPR
  10. 9月17-18日は要注意…台風14号接近で山陽新幹線などが運休の可能性
ランキングをもっと見る