鹿児島本線千早~箱崎間に新駅設置へ…九大箱崎キャンパス跡地活用の一環 2025年の開業を目指す

箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。
箱崎キャンパス跡地利用協議会が示している「箱崎キャンパス周辺の優位性と課題」。駅の交通利便性強化が盛り込まれている。全 1 枚写真をすべて見る

JR九州は10月16日、鹿児島本線千早~箱崎間に新駅を設置する協議が福岡市と整ったことを明らかにした。

この新駅は、2017年3月に策定された九州大学(九大)箱崎キャンパス(福岡市東区)の跡地利用計画を踏まえ、「九大跡地利用4校区協議会」からの要望を受けて検討されていたもので、千早駅からは博多方2.3km、箱崎駅からは小倉方1.7kmの地点に設けられる。箱崎キャンパスは2018年9月に、一部施設を除いて福岡市西区への移転が完了している。

箱崎キャンパス跡地は福岡市の中心部に近く、新たな拠点づくりが期待できるとして、JR九州では今後、福岡市が計画している貝塚駅周辺土地区画整理事業と連携しながら、2025年の開業目標へ向けた具体的な準備を進めるが、開業時期については「今後の土地区画整理事業等の状況を踏まえて決定します」としている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

写真ピックアップ

  • トラッカーとスマートフォンの活用で、遺失物窓口の負担をどれだけ減らせるのか? 写真はJR東日本東京駅。
  • 売り出されるDD502ディーゼル機関車。当初は450馬力のエンジンを1基搭載していたが、1971年の全検時には変速機ごと500馬力のものに交換。1963年には過給機も交換されており、現在に至っている。長さ11m・高さ3.973m・幅2.72mで、重量は33.7t。
  • 都電荒川線(東京さくらトラム)
  • 現行の中央線東京発下り終電時刻は0時35分だが、繰上げ実施後は30分程度早まることになる。写真は東京駅で発車を待つ終夜運転時の中央線列車。
  • 2022年春までのSuica導入が予定されている岩手県北自動車の路線バス。
  • 富山~東富山間新駅のイメージ(東側)。橋上式の地上駅舎となる。
  • 三峰口駅のSL転車台。
  • 小樽へ向かう10月18日のツアー列車。函館本線朝里~小樽築港。

ピックアップ

Response.TV