ヤマハ発動機、24型子乗せ電動アシスト自転車のカラーリング変更…2021年モデル発売へ

ヤマハ PASクルー
ヤマハ PASクルー全 5 枚写真をすべて見る

ヤマハ発動機は、パパとママで共用しやすい、幼児2人同乗基準に適合した24型子乗せ電動アシスト自転車『PASクルー』のカラーリングを変更し、2021年2月3日に発売する。

PASクルーは、優れた登坂性能を発揮する「PAS」シリーズ最上位のアシスト力、登坂時などの高回転ペダリングでものびやかで快適なアシストフィーリングと状況に合わせて全自動でアシスト力を制御する「スマートパワーアシスト」を装備。また、子どもの頭部を270度包み込む安心感のあるリヤチャイルドシートや、お子様の通園時期が終わった後にチャイルドシートを外しても末永く使えるオシャレなスタイリングも特徴だ。

2021年モデルは、スタイリングや快適機能はそのままに、スタイリッシュな大人の上質感を感じる「マットアンバー2」、定番の人気カラーである「マットブラック」を追加。継続色の「パウダーブルー」と合わせた3色を設定した。

価格は16万8300円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV