ブリッツ、スープラ/BMW Z4用パワコン・パワスロ発売…カプラーオンで最大36psアップ

ブリッツ スープラ(イメージ)
ブリッツ スープラ(イメージ)全 8 枚写真をすべて見る

ブリッツは10月19日、トヨタ『スープラ』とBMW『Z4(G20)』に対応する「Power Con(パワコン)」「Power Thro(パワスロ)」 を発売した。

パワコンはターボ車のブースト圧を最適に制御することにより、スムーズなブーストアップとパワーアップを実現。車種ごとにセッティングを行い、専用比率に設定することで、純正ECUの制御範囲内でのブーストアップとし、車両への負担を最小限に抑制する。

完全コネクターオン設計で電源などの配線加工が一切不要。エンジンルーム内で完結することにより簡単に取り付けできる。複雑な設定が必要なく、取り付け後からすぐにパワーアップを実感できる。

同社シャーシダイナモによる計測事例ではスープラ SZ(DB82)/Z4 sDrive20i(HF20)で34.0ps、スープラ SZ-R(DB22)で22.3ps、スープラ RZ(DB42)/Z4 M40i(HF30)で36.3psのパワーアップを実現している。

ブリッツ BMW Z4(イメージ)ブリッツ BMW Z4(イメージ)

価格は4万1800円。

パワスロは、このパワコンにアクセルレスポンスを自在に制御可能とする「Thro Con(スロコン)」機能に加えた電子パーツだ。アクセル開度、経過時間より制御マップを自動選択する「オートモード」および、燃費重視の「エコモード」各5つ、段付きのないスムーズな加速を目指したノーマル+αの「スポーツモード」10、ブースト圧によるエンジン負荷率をスロコンにフィードバックして、スロコンの制御に反映させる「スマートモード」5つ、合計25モードを搭載。制御方法と特性が異なる多彩なモードで、好みにあったフィーリングを実現する。

ブリッツ パワスロブリッツ パワスロ

価格は6万6000円。パワコンとスロコンを個別に買うよりも1万9800円安い価格となっている。

《纐纈敏也@DAYS》

トヨタ スープラの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  3. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  4. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  5. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  6. BMWのEVに初の「M」、『i4 M50』は544馬力…生産開始
  7. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  8. 日野自動車、ダカールラリー2022参戦車両を発表…軽量化&加速性能を向上
  9. このクルマ要注意 心と身体を揺さぶる新たなMINI John Cooper Worksの真価に迫るPR
  10. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
ランキングをもっと見る