アル・ヴェルへ最後の果たし状!? 日産 エルグランド 次期型は出るのか

日産 エクルグランド 次期型 予想CG
日産 エクルグランド 次期型 予想CG全 5 枚写真をすべて見る

日産はフラッグシップ・ミニバン、『エルグランド』改良新型を発表したばかりだが、スクープサイト「Spyder7」が次期型に関する情報を入手した。現行モデルで廃止となる可能性も噂されているが、果たして真偽のほどはいかに。

初代エルグランドは1997年に「元祖高級ミニバン」として登場。しかし、2002年にトヨタ『アルファード』が登場すると徐々に立場が逆転、現在は大差をつけられている状況だ。現行型はすでに登場から10年が経過しており、このタイミングでのマイナーチェンジは次期型の可能性を否定するものと思われた。

しかしSpyder7スクープ班は、次期型の開発が進められているという情報を入手した。期待されるのは、やはりアルファード/ヴェルファイアに負けない押しの強いエクステリアデザインだろう。

日産 エクルグランド 次期型 予想CG日産 エクルグランド 次期型 予想CG
現段階では予想に過ぎないが、CGを作成した。フロントデザインは、『アリア』からの流れをくむデザインに従来のエルグランドのデザインを融合、押し出し感たっぷりの迫力ある印象の中にもシャープなイメージを残した。サイドデザインはボディの張り出しとキャラクターラインにより大胆かつグラマラスに。アンダーまわりもフロントからサイド、リアを取り巻くメッキ処理で高級感を演出した。

満を持して投入される次期型の注目は360度の安全を提供する「全方位運転支援システム」、「プロパイロット2.0」などの安全装備の充実だ。フラッグシップミニバンにも関わらず、プラットフォームの進化に取り残され搭載されていなかった安全支援装備が格段に充実し、次期型の武器となるだろう。

またハイブリッドモデルの不在が、アルファードに差を付けられた要因の一つとも考えられるが、ついにエルグランドにも「e-POWER」が搭載されることになりそうだ。2.0リットル直列4気筒エンジン+電気モーターを搭載、最高出力190ps程度が見込まれ、JC08モード燃費でアルファードを大きく超える24km/リットルと予想されている。

現行モデルで廃止か、次期型で再起を図るか、現段階で断定はできない。ただし次期型が登場した場合、もはや失敗は許されない状況であり、これが最終対決となる可能性もありそうだ。

開発が順調にすすめば、2023年あたりの登場となるだろう。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV