VW ゴルフ 新型に圧縮天然ガス車、「TGI」…欧州発表

1.5リットル直4ターボは最大出力130ps

航続は最大およそ400km

化学合成メタンガス「eガス」を使用することも可能

フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型
フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型全 7 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは10月21日、新型『ゴルフ』の天然ガス仕様、新型『ゴルフTGI』(Volkswagen Golf TGI)を欧州で発表した。

フォルクスワーゲンブランドは、天然ガス仕様の設定に積極的な自動車ブランドのひとつだ。『ポロ』などに天然ガス仕様が用意されている。ゴルフTGIは従来型にもラインナップされており、ゴルフをベースに、使用燃料をCNG(圧縮天然ガス)に対応させたモデルとなる。新型のボディタイプは、ハッチバックとワゴンの「ヴァリアント」が用意される。

1.5リットル直4ターボは最大出力130ps

新開発の直噴1.5リットル直列4気筒ターボエンジンを搭載する。最大出力は130psを引き出す。フォルクスワーゲンによると、CNG用に最適化されたこのエンジンは、低燃費かつ高出力で、低エンジン回転域でも力強いエンジン出力を発揮するという。

フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型

新開発の直噴1.5リットル直列4気筒ターボエンジンは、ミラーサイクルで作動する。これは、高効率と12.5対1の圧縮比のおかげで、低炭素排出を実現する燃焼プロセスだ。同時に、可変ジオメトリーターボチャージャーによって、ターボのブースト圧を増加させ、シリンダーにより多くの空気を供給する。これにより、新型ゴルフTGIはいつでも、低いエンジン回転域から力強く加速することができるという。

天然ガスで走行すると、炭素排出量が大幅に削減される。天然ガスは、ガソリンやディーゼルと比較して、エネルギー量が大幅に多く、炭素含有量が少ない。これは、CNGモードで走行すると、ガソリンよりも炭素排出量が約25%少なくなることを意味するという。

フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型

航続は最大およそ400km

CNGタンクは3個搭載された。容量は115リットル(17.3 kg)で、タンクは車両後部の床下に搭載されている。純粋な天然ガスモードでは、最大で約400 km(WLTP計測)の航続を可能にする。

フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型

CNGタンクの容量が少なくなると、使用燃料がガソリンに切り替わる。ガソリンタンクの容量は9リットル。ガソリンタンクは、CNGタンクが空になった場合に備えた予備タンクだが、これにより、400kmの航続がさらに伸びる。天然ガス自動車のユーザーは、欧州の多くの国で、比較的低い燃料価格の恩恵を受けることができるという。

新型ゴルフTGI は、100km走行当たり、4.1~4.3kgに天然ガスの消費量を抑えた。CO2排出量も111~117g/kmと、高い環境性能を備えている。

フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型

化学合成メタンガス「eガス」を使用することも可能

バイオメタンや「eガス」で燃料を補給すると、炭素バランスがさらに向上する。バイオメタンは廃棄物から得られる。eガスは、グリーン電力から生成される化学合成メタンガスだ。eガスは、風力発電によるクリーンエネルギーを利用し、電気分解で作り出した水素とCO2を混ぜて生産される。

フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型

eガスの製造過程では、グリーン電力を水と化学反応させることにより、酸素と水素に分離する。ここで得られた水素は、水素自動車に使用される。しかし、水素自動車の普及は広範囲に達していないので、この過程で精製された水素の一部は、次のプロセスでメタンガスに再精製される。水素はCO2と化合され、eガスに精製される。

さらに、天然ガスは一般に、ガソリンやディーゼルよりも有害物質の排出量が少ない。排気ガスに含まれる一酸化炭素と窒素酸化物(NOx)は大幅に少なく、すすや粒子状物質の割合は最小限という。

フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型フォルクスワーゲン・ゴルフ TGI 新型

《森脇稔》

【画像】VW ゴルフ 新型に圧縮天然ガス車、「TGI」…欧州発表(7枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 塗るだけで黄ばみ・白化を除去、呉工業がヘッドライト用クリーナー&コーティング剤を発売
  2. ジープ グランドチェロキー 新型、2列シート仕様になる可能性 9月29日デビュー決定
  3. ケータハム『SEVEN 170』、日本の軽自動車規格に準拠…スズキ製660ccターボ搭載
  4. まさに「サメ顔」!メルセデスAMG SL 次期型、公開直前スクープ
  5. ドンキ、20型電動アシスト折りたたみ自転車発売…価格は6万5780円
  6. ついに「四輪操舵システム」搭載!メルセデスベンツ GLC 次期型、登場は2022年前半か
  7. フィアット 500EV に全身レッド仕様、ウイルス対策装備も…欧州発表
  8. キャンピングカーにトイレは必要? 気になる疑問に答える「みんなのアンケート」提供開始
  9. アナログにこだわった車内を激写…アルファロメオ最小SUV『トナーレ』、車台は自社製に!?
  10. 世界最速SUVを謳う、ブラバスからメルセデスAMG GLE クーペ 900馬力仕様
ランキングをもっと見る