運転免許証とマイナンバーカードを一本化へ 2026年から

免許証(イメージ)
免許証(イメージ)全 1 枚写真をすべて見る

国家公安委員会は、運転免許証の情報をマイナンバーカードのICチップに登録して一本化すると発表した。

運転免許証をデジタル化することで、住所変更や更新など、手続きのワンストップ化、オンライン化を進め、運転免許に関するわずらわしい手続きを減らすとしている。

デジタル化によって交通反則金の支払いをコンビニやクレジット払いでも可能にすることを検討する。

また、データベースは警察が取締りなどのため、自由にアクセスできないよう制度的・技術的な措置を実施する。

警察庁は2年前から運転免許証のデジタル化に向けてシステム開発を進めているが、全国でシステムを統合するのに時間を要するため、2026年中にマイナンバーカードとの統合をスタートできる見込み。

《レスポンス編集部》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV