カーメイト、日本法規対応のリアヒッチキャリア発売

INNOルーフデッキ45
INNOルーフデッキ45全 9 枚写真をすべて見る

カーメイトは9月30日、同社初の国内向けリアヒッチキャリアとしても使用できる「INNOルーフデッキ45」を発売した。

近年、重量のあるコンテナボックスを手軽に積載でき、スタイルの演出にもなる北米のリアヒッチキャリアが人気を集めている。しかし、それらの商品は日本国内法規に対応していないものがほとんど。今回カーメイトは、北米向けリアヒッチキャリアの開発を活かし、日本の法規に対応できる仕様の製品を開発した。

INNOルーフデッキ45は、別売の取り付けパーツを使用することで、ルーフはもちろん、リアヒッチキャリアとしても利用できる。高さ80×幅430×奥行1260mmのコンパクトサイズで、ヒッチ使用時も車両の全長1/10以下で灯火類が隠れなければ日本国内法規に対応。『ランドクルーザープラド』『ハイエース』『RAV4』など、全長4600mm以上の車で利用できる。

最大荷重はルーフ使用時は40kg、ヒッチキャリアとして使用時は75kgまで。堅牢でサビに強いアルミフレームを採用する。

価格(税別)は3万2000円。ヒッチキャリアとして使用する際の取り付けパーツは1万2000円(10月30日発売)、ルーフラックとして使用する際の取り付けパーツは8500円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV