【WRC】11月ベルギー戦はキャンセル…コロナの影響、再び深刻に

今季WRC第4戦エストニアの模様。
今季WRC第4戦エストニアの模様。全 4 枚写真をすべて見る

2020年世界ラリー選手権(WRC)の“次戦”として11月19~22日に開催が予定されていたベルギー戦(ラリー名:Renties Ypres Rally Belgium)が、新型コロナウイルス感染再拡大の影響を受け、キャンセルとなった。10月30日に発表されている。

今季のWRCは3月に第3戦までを終えたところで、コロナ禍による実質的な長期中断に入った。大幅なカレンダー変更を経て、シーズンは9月に再開。9~10月に第4戦エストニア、第5戦トルコ、第6戦サルディニア(イタリア)と開催されてきている。カレンダー変更はシーズン再開後もあり、第6戦終了時点では残りが2戦、そのうちのひとつが第7戦として11月19~22日に開催されるベルギー戦、という状態だった。

しかし、最近の新型コロナウイルス感染再拡大の影響により、ベルギー戦の主催者が大会約3週間前に開催断念を発表。現段階で今季WRCの残りラウンドは1戦、12月4~6日に予定される今季2度目のイタリア戦「ACIラリーモンツァ」のみとなっている。WRCが新たなラリーを今季ラインアップに加えるのかどうか、対応が注目される。

ここ数カ月、世界各地でメジャーなモータースポーツイベントは概ね順調に開催されるようになってきていた。だが、ここへ来て“状況”が逆戻りしつつある印象は否めない。今週末は10月31日~11月1日という2デイ日程でF1第13戦エミリア・ロマーニャGPがイタリアのイモラ・サーキットで開催を迎えているが、こちらは有観客だった予定が直前に無観客に変更されたという。コロナ禍の影響はやはり、今後も予断を許さないものであり続けそうだ。

《遠藤俊幸》

ピックアップ