「EVアイランド」計画、島の全車両を電動化へ---VWがギリシャ政府と合意

VWグループが地中海のアスティパレア島を「EVアイランド」に
VWグループが地中海のアスティパレア島を「EVアイランド」に全 8 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は11月4日、ギリシャ政府との間で、地中海のアスティパレア島を「EVアイランド」にすることで合意した、と発表した。

アスティパレア島は南エーゲ海に浮かぶ小さな島で、面積は約100平方kmだ。人口は約1300人で、毎年約7万2000人の観光客が訪れる。アスティパレア島の公共交通機関は現在、2系統のバスのみで、島のエネルギー需要も化石燃料によって、まかなわれている。

アスティパレア島は今後数年間で、持続可能な観光のパイオニアになることを目指している。ギリシャ政府は、国家エネルギーと気候計画の枠組みの中で、この変革を支援している。

プロジェクトの中心にあるのは、現在のバスサービスを、フルEVのライドシェアリングを含めたデジタルモビリティサービスに置き換えることだ。現在のレンタカー事業の一部を地元のパートナーと連携し、EVや電動バイクによるシェアリングサービスに転換する。

VWグループが地中海のアスティパレア島を「EVアイランド」にVWグループが地中海のアスティパレア島を「EVアイランド」に

これだけでも、島内の車両を大幅に減らすことができ、約1000台のEVが、約1500台の内燃機関搭載の自動車を置き換える。フォルクスワーゲンは、EVコンパクトカーの『ID.3』に加えて、電動SUVの『ID.4』など、今後数年間に計画されているいくつかの新型車を、アスティパレア島に導入する。

また、地元企業の商用車や、パトカー、救急車、自治体の車両も電動化する。フォルクスワーゲングループは、島全体に充電器を設置して、約230の充電ネットワークを構築していく、としている。

VWグループが地中海のアスティパレア島を「EVアイランド」にVWグループが地中海のアスティパレア島を「EVアイランド」に

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ