三菱地所とニアミー、オンデマンド型シャトルの相乗りサービス導入へ 都内で実証実験開始

ニアミー タウンのサービスイメージ
ニアミー タウンのサービスイメージ全 2 枚写真をすべて見る

三菱地所とニアミーは、独自のAIを活用したオンデマンド型シャトルを相乗り利用できる新サービス「ニアミー タウン」の実証実験を11月16日より、「三菱地所のレジデンスクラブ」会員を対象に実施する。

新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)感染拡大により、「移動」することの価値は大きく変化した。ニアミーはニューノーマル時代での移動を考え、電車やバスなどの公共交通機関を補う形で、事前予約によるオンデマンド型シャトル「スマートシャトル」を展開。通勤者や空港利用の方に新たな移動の手段を提供してきた。一方、三菱地所は住宅系会員組織「三菱地所のレジデンスクラブ」会員を対象に、入居者の満足度やエリアの価値向上のため、住まいのバリューマネジメントとしてサービスの拡大を検討してきた。

今回、ドアツードアの移動はコロナ対策だけでなく、移動時間を有効活用したい人、少人数での移動によりプライバシーを保ちたい人など、様々な人の利便性を高めるものと考えた両社の思いが一致。より早くスムーズな導入を検証すべく、まずは一部エリアにて新サービス「ニアミー タウン」の実証実験を行うこととなった。

ニアミー タウンは、エリア内の希望の発着地点を予約することで、オンデマンド型シャトルを相乗りで利用できる新サービス。AIが複数人の輸送に最も効率的なルートを選択するため、通常のタクシーよりも低価格で利用できる。対象は中央区・江東区と、目黒区・世田谷区・渋谷区の2エリアに住む「三菱地所のレジデンスクラブ」会員で、各エリア先着約500名が無料で利用できる。実証実験ではニーズや効果の検証を行い、その結果などを踏まえ、新しいモビリティサービスとして事業化を目指す。

オンデマンド型シャトル「スマートシャトル」オンデマンド型シャトル「スマートシャトル」

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ