関東最大級の車中泊スポット、城ヶ島に登場…京急電鉄×カーステイ

利用イメージ
利用イメージ全 3 枚写真をすべて見る

京急電鉄とカーステイは、キャンピングカーの新たな車中泊スポット「城ヶ島シーサイドRVステーション」を11月18日、神奈川県三浦市にオープンする。

京急電鉄とカーステイは、駅から先の観光スポットへの移動や車中泊について、キャンピングカーのカーシェア環境と車中泊スポットを整備し、三浦半島の「バンライフの聖地化」を目指し協業している。

城ヶ島地区は、まぐろや地魚を提供する飲食店や、馬の背洞門、城ヶ島灯台などの観光スポットが多い地区だが、宿泊施設が少ないことから、日帰り利用が主となっている。

城ヶ島シーサイドRVステーションは、6台の駐車スペースを有する関東最大級の車中泊スポット。馬の背洞門や城ヶ島灯台などの観光スポットに近接し、晴天日は朝焼け、夕景、富士山を臨むことができる。料金は1泊2000円。

両社はオープンを記念し、11月18日から12月20日までの利用者で、レビュー投稿した先着50名に、車中泊1泊分が実質無料となるキャンペーンも実施する。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV