トライアンフ、タイガー850スポーツ の受注開始…扱いやすいエンジンと充実の足回り

トライアンフ タイガー850スポーツ
トライアンフ タイガー850スポーツ全 10 枚写真をすべて見る

トライアンフモーターサイクルズジャパンは、ミドルクラスアドベンチャー「タイガー」シリーズに『タイガー850スポーツ』を追加し、2021年2月より販売を開始する。価格は139万円で11月18日より予約注文の受付を開始した。

新型タイガー850スポーツは、最新世代タイガー900シリーズ同様、Tプレーンクランクを採用した887cc水冷並列3気筒エンジンを搭載する。スペックは最高出力85ps/最大トルク82Nmと、タイガー900と比べて低く抑えられているが、低速時から全回転域までスムーズでリニアな出力とトルクを発揮。エンジンのレスポンスは、スリップおよびレバー操作を軽減するアシストクラッチで補完され、ロングツーリングと市街地走行の両方で快適性を高めている。

価格はタイガー900シリーズより廉価ながら、足回りは高性能パーツで固めている。ブレーキはブレンボの最上級モノブロックキャリパー「Stylema」、サスペンションは前後マルゾッキ。フロントは45mm倒立フォーク、リアはガス加圧式モノショックを備え、スポーティでありながら快適なライドを提供する。

また、「ロード」と「レイン」という2つのライディングモードを用意。ライドバイワイヤによりスロットルレスポンスとトラクションコントロールの設定を調節し、あらゆるライディングコンディションにおけるコントロール性を高める。

そのほか、メンテナンスフリーのフルLEDライトをはじめ、2段階に高さが調節できるシートや20リットルの大型タンク、防風効果の高い大型スクリーン、高コントラスト5インチTFTカラーディスプレイ、12V電源ソケットなどを装備。快適なロングツーリングをサポートする。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV