祭壇装備の新型霊柩車、新しい生活様式に対応…光岡自動車が発売

光岡自動車の新型霊柩車 グランエースエボリューション
光岡自動車の新型霊柩車 グランエースエボリューション全 3 枚写真をすべて見る

光岡自動車は、新型霊柩車『グランエースエボリューション』を11月24日に発売。同日、東京ビッグサイトで開幕した「第6回エンディング産業展2020(ENDEX)」にて初披露した。

グランエースエボリューションは、霊柩車としての機能とその場で簡易的な供養が行える装備を備えた新しい生活様式に対応した霊柩車だ。トヨタの高級ミニバン『グランエース』をベースに、棺室にはミニ祭壇セット、後部左側骨壷収納、棺専用棺台などを装備。“3密"を避けたい場合や身体の不自由な高齢者の住むケアハウスなどに直接出向き、車両後方のドアを開けるとその場で簡易的な供養もできる。

車両室内は、ミツオカらしく華やかな装飾で彩られ、右半面は霊柩車として、左半面は供養可能な祭壇として明確に機能と使い勝手を分けることができ、昨今の新しい生活様式の変化に対応したオールインワンの霊柩車となっている。

価格は792万円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ