使用済みプラスチックをデリバリー用EVバイクのエネルギーに マクドナルドなど

アイディア AAカーゴ「マックデリバリーサービス」仕様
アイディア AAカーゴ「マックデリバリーサービス」仕様全 1 枚写真をすべて見る

川崎市、昭和電工、日本マクドナルドの3者は、マクドナルド市内8店舗にて排出された使用済みプラスチックをEVバイクのエネルギーにリサイクルする実証事業を12月1日から開始する。

現在、適切にリサイクルされていない使用済みプラスチックは、焼却によるCO2発生や、海洋流出による生物への悪影響などを引き起こすため、世界的に問題となっている。国内では、使用済みプラスチックの一部は製品等にリサイクルされているものの、大半は食品残さの付着やリサイクルに適さないプラスチックの混入といった点から、燃やされるか埋め立てられている。

今回の実証事業は、これまでリサイクルが難しいと考えられていた使用済みプラスチックを、ごみではなく低炭素なエネルギーとしてリサイクルするための実験。プラスチックの3R(リデュース・リユース・リサイクル)を推進している川崎市、川崎臨海部に立地する使用済みプラスチックのケミカルリサイクル事業者である昭和電工、使用済みプラスチックの削減・有効利用に取り組む日本マクドナルドの3者で連携し、川崎市域等で資源を循環させることにより地域社会の持続的な発展を目指す。

具体的には、川崎市内のマクドナルド8店舗から排出されたストローやリッド(カップのふた)など、使用済みプラスチックを昭和電工のケミカルリサイクルにより水素に変える。水素を燃料電池自動車のトヨタ『MITAI』に補給、発電、その電気をマクドナルド川崎南加瀬店のマックデリバリーサービスで使用しているEVバイクのエネルギーとして使用する。ケミカルリサイクルによるCO2の削減効果の検証、技術的・運営上の課題、回収・運搬の効率化の検討など、実証後の展開に向けた総合的な課題抽出等を行っていく。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ