日系自動車メーカーの海外生産、コロナ禍影響で26.0%減の1048万台 2020年第3四半期累計

ホンダ、米インディアナ工場
ホンダ、米インディアナ工場全 2 枚写真をすべて見る

日本自動車工業会が発表した日系自動車メーカーの2020年第3四半期(7~9月)の海外生産台数は、前年同期比5.3%減の436万1002台。2年連続のマイナスとなった。

地域別で最も生産台数の多いアジアは同7.3%減の251万6557台で2年連続マイナス。北米は同2.4%増の108万8967台で2年連続のプラスだった。

そのほかでは、中南米が同4.4%減の39万9243台、欧州は同11.3%減の31万3483台でともに3年連続のマイナス。アフリカは同25.3%減の4万2752台で2年ぶりのマイナスだった。

2020年1~9月の累計は同26.0%減の1048万6132台で2年連続のマイナス。コロナ禍が大きく影響した。

トヨタ、英ディーサイド工場トヨタ、英ディーサイド工場

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ