東京都の施設の混雑状況見える化、ゼンリンが協力---MaaS

東京都内(11月26日)
東京都内(11月26日)全 2 枚写真をすべて見る

ゼンリンは12月1日、東京都が推進する官民連携データプラットフォーム(DPF)構築に向けた準備会「施設系混雑ワーキンググループ」の協力事業者に選定されたと発表した。

ゼンリングループではワーキンググループを通じ、疎密データの利活用について、DPFでのデータ流通検討の一助とすることを目的に、疎密情報を東京都民や東京を訪れる人に幅広く提供するため、協力事業者として地図サイトの環境を構築する。

ゼンリンは、同グループの全体調整、疎密データを都民や来訪者に広く周知するための地図サイトの要件定義、地図データを提供する。ゼンリンデータコムは疎密データを都民、来訪者に広く周知するための地図サイトの環境構築・フォーマット仕様を検討する。

ゼンリングループは、地図上で「移動」を可視化し、空間情報として様々な事業者に提供することで、人の「移動」をつなぎ、MaaS(モビリティアズアサービス)実現に貢献することを目指している。この中で、シームレスな移動社会を実現するための新しい地図データベース「モビリティベースドネットワーク」の開発を推進している。準備会への参画を通じニューノーマルな移動における情報として欠かせない施設の過密情報の可視化し、快適な移動を実現することで、MaaSへの貢献を目指す。

地図データベース「モビリティベースドネットワーク」のイメージ地図データベース「モビリティベースドネットワーク」のイメージ

東京都は、2020年2月に策定した「スマート東京実施戦略」の下で、社会的な課題解決や、都民の生活の向上に寄与するサービスが、テクノロジーの力で次々と生み出されることを目指し、様々なデータを有効活用できるデータ連携基盤として「官民連携データプラットフォーム」を整備する予定。

《レスポンス編集部》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  3. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  4. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  5. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
  6. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  7. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  8. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  9. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  10. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
ランキングをもっと見る