BMW 1シリーズ など1万4000台をリコール、ブレーキフルードに雨水混入

BMW 1シリーズ(2014年)
BMW 1シリーズ(2014年)全 3 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリュー(BMWジャパン)は12月2日、BMW『1シリーズ』などのブレーキフルード内に雨水が浸入するおそれがあるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、「116i」、「118i」、「120i」、「M135i」、「M235i」、「220i」の6車種で2013年6月29日~2015年3月14日に製造された1万4399台。

対象車両は、ブレーキマスターシリンダーのリザーバータンク上部に設置されているカウルカバーにおいて、排水設計が不適切なため、雨水がブレーキフルード内に浸入することがある。そのため、雨水と反応したブレーキフルードがゲル化し、油圧制御ユニット内で詰まり、ブレーキペダルを放してもブレーキが作動し続けるおそれがある。

改善措置として、全車両、カウルカバーを対策品に交換する。また、ブレーキフルードの含水率を点検し、必要に応じて関係部品を新品に交換する。

不具合は200件発生、事故は起きていない。日本市場からの情報により、リコールを届け出た。改善箇所改善箇所

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ