国内タイヤ需要---新車用は7%増、市販用は4%増 2021年見通し

(イメージ)
(イメージ)全 2 枚写真をすべて見る

日本自動車タイヤ協会は12月11日、2021年の自動車タイヤ需要見通しを発表した。

国内の新車四輪車用タイヤは2020年見込みと比べて7%増の3908万9000本となる見込み。2020年は新型コロナウイルス感染拡大の影響で国内自動車生産が落ち込んだことから反動で前年を上回る見込み。

車種別では乗用車用が2020年見通しと比べて8%増の3329万9000本、小型トラック用が3%増の460万9000本、トラック・バス用が4%増の118万1000本と予想する。

市販用タイヤは2020年見通しと比べて4%増の6498万本と予測。夏用が4%増の4400万8000本となる見通し。ただ、2019年比では5%減の水準。冬用は2020年見通しと比べて4%増の2097万2000本となる見通しで、3年ぶりに前年を上回る見込み。2019年比では10%減と低い水準にとどまる。

国内タイヤ需要見通し国内タイヤ需要見通し

市販用の車種別では、乗用車用が4%増の4686万6000本、小型トラック用が2%増の1303万2000本、トラック・バス用が3%増の508万2000本となる見通し。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ