ZMP×ENEOS、無人宅配ロボを活用したデリバリーインフラ構築へ

無人宅配ロボ「デリロ」
無人宅配ロボ「デリロ」全 2 枚写真をすべて見る

ZMPとENEOSは12月16日、無人宅配ロボットを活用したデリバリーインフラ構築に向けた協業を開始すると発表した。

今回の協業では、無人宅配ロボ「デリロ」をサービスステーション(SS)などに配備し、食料品や日用品など異なる店舗の商品を同時に一般消費者へ配送できる独自のデリバリーインフラを構築。配達員の人手不足解消や非対面・非接触での配達ニーズに応えていく。

両社は、デリバリーインフラの確立に向けた第一歩として、ZMPが「RoboTown」構想として掲げる東京都中央区佃・月島エリアでデリロを活用した実証を実施。稼働率や収益性などのビジネス性、宅配プラットフォームとの連携やロボット公道走行などの技術を検証する。また、ロボットの充電・デリバリー拠点としてDr. Drive月島SSにデリロを配備する。

両社は実証実験を通じて課題を抽出し、2022年を目途に最適なシステム・ビジネス等の設計・構築を行い、安心・安全・低コストで実用的なデリバリーインフラの提供を目指す。また、デリロの公道走行の実用化にむけて、本協業体制を通じて法規制の整備を積極的に関係各省庁へ働きかけていく。

ENEOSと実現するRoboTown佃のイメージENEOSと実現するRoboTown佃のイメージ

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ