BMW X5M/X6M、マットカラーの限定モデル発売 12月24日よりオンラインのみで受注開始

BMW X5M/X6M ファーストエディション
BMW X5M/X6M ファーストエディション全 12 枚写真をすべて見る

ビー・エム・ダブリューは、高性能SUV『X5M』『X6M』にマットカラーを採用した限定モデル「ファーストエディション」を設定し、12月24日午前11時より、BMWオンラインストアで受注を開始する。

限定車は新型「X5Mコンペティション」「X6Mコンペティション」をベースに、オーダーメイドプログラムのBMWインディビジュアルより存在感あるマットカラー(フローズンマリナベイおよびフローズンダークシルバー)を外装色に、内外装の要所にはカーボンパーツを採用し、特別感を演出している。

なお両モデルは他のX5M/X6M同様、高速道路での渋滞時にドライバーをサポートする「ハンズオフ機能付き渋滞運転支援システム」や、直近の50m軌跡を記憶し、通った道を自動で後退可能な「リバース・アシスト」を含む、最新の運転支援システムを搭載。さらに、BMWとして初めてトラフィックサインアシスト(速度制限認識)機能を搭載し、走行中にドライバーに対して制限速度を通知し、安全な走行をサポートする。

ファーストエディションの価格はX5Mが2068万円、X6Mが2122万円。日本国内では10台限定での販売。納車開始は2021年第1四半期頃を予定している。

BMW X5MファーストエディションBMW X5Mファーストエディション

《纐纈敏也@DAYS》

【画像】BMW X5M/X6M、マットカラーの限定モデル発売 12月24日よりオンラインのみで受注開始(12枚)

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 「原付2種」は最強のシティコミューターなのか? 主要3メーカーのスクーターを乗り比べ
  2. マニアック?! 懐かしの名車210台が集結…カーフェスティバルin川島町
  3. ブレーキパッド交換時の選択肢…安全とコストに差が出る!
  4. 電動化すべき!! 第1位はトヨタ ハイエース、そして…発表【48時間アンケート】
  5. ウド鈴木も登場…トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルを開催
  6. BMWのEVに初の「M」、『i4 M50』は544馬力…生産開始
  7. 日野自動車、ダカールラリー2022参戦車両を発表…軽量化&加速性能を向上
  8. このクルマ要注意 心と身体を揺さぶる新たなMINI John Cooper Worksの真価に迫るPR
  9. 世界的な半導体不足、なぜ今起きているのか---その原因と解決への道筋は?
  10. 世界強度レベルの車体骨格を成形…JFEスチールの工法がレクサス新型で採用
ランキングをもっと見る