BYDジャパン、日本市場向け量産大型電気バスを発売へ

大型電気バス、K8
大型電気バス、K8全 1 枚写真をすべて見る

比亜迪(BYD)の日本法人 ビーワイディージャパンは12月16日、日本市場向けに量産型大型電気バス「K8」を2021年1月に納車を開始すると発表した。

K8は、日本のニーズに合わせて、日本国内路線バスで多く採用されている10.5メートル級の大型車両として開発した。車両部品のモジュール化、バッテリーモジュールの配置を見直すととともに、メンテナンスの効率化、乗車定員数を増やした。定員は都市型Iが81人、都市型IIが77人、郊外型が75人。

充電方式はCHAdeMOに対応している。バッテリーの容量は287kwh。

価格は3850 万円(税抜)で、2025年までの5年間に2000台の販売を計画している。

同社は。2020年から小型電気バス「J6」の販売を開始し、2021年には走行状態を遠隔管理が可能なテレマティクス・システムの実装、普及型運転支援システム、充電器を介した放電などの実装を進め、2025年までに2000台の販売を目指す。

《レスポンス編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ