VWの新世代EV『ID.3』、ドイツの「ガラス張り工場」でも生産 2021年1月末から

VWの新世代EV『ID.3』、ドイツの「ガラス張り工場」でも生産 2021年1月末から
VWの新世代EV『ID.3』、ドイツの「ガラス張り工場」でも生産 2021年1月末から全 9 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲンは12月23日、新世代EVの『ID.3』の生産を2021年1月末から、ドイツのドレスデン工場でも行うと発表した。

ドイツ・ドレスデン工場は、壁面が全てガラス張りのため、「ガラス張りの工場」として知られている。ドレスデン工場では2016年春まで、最上級サルーンの『フェートン』を組み立てていた。

ドレスデン工場は、フェートンの生産終了を機に、2016年春にいったん閉鎖された。その後、フォルクスワーゲンは、ドレスデン工場をブランドの電動化とデジタル化戦略をアピールする拠点へと改修した。

フォルクスワーゲンは新世代EVのID.3の生産を、2021年1月末から、ドイツのドレスデン工場でも行う。2021年の初めに、ドレスデン工場の製造ラインは、ID.3などの新世代EV向けモジュラー車台「MEB」に対応するように変更される予定だ。

フォルクスワーゲン ID.3フォルクスワーゲン ID.3

現在、ID.3はドイツ・ツヴィッカウ工場だけで生産されている。ドレスデン工場でもID.3を生産することにより、フォルクスワーゲンは電動化をさらに加速させていく。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ