福岡市営地下鉄にリニューアル車…安全・信頼性などを向上した2000N系 1月7日から運行

車体上部の帯や号車表示ステッカーなどが追加されている2000N系の車体。
車体上部の帯や号車表示ステッカーなどが追加されている2000N系の車体。全 5 枚写真をすべて見る

福岡市交通局は1月5日、福岡市営地下鉄2000系のリニューアル車を1月7日から運行すると発表した。

2000系は、1993年3月の空港線・博多~福岡空港間開業を前にした1992年12月に登場、福岡市営地下鉄初のVVVF車だった。空港線(姪浜~博多~福岡空港)では、1981年7月の1号線(当時)・天神~室見間開業時から1000系が運用されており、その増備車として導入された。2000系は1998年までに6両編成6本36両がそろっている。

初期の車両で30年近く、最新の車両でも20年以上が経過しているため、1編成がリニューアルされることになり、車両の安全性や信頼性、バリアフリー化、省エネ化、内外装の更新、乗り心地の改善などが図られている。

このリニューアル車は、未リニューアル車と区別するため「2000N系」と呼ばれることになり、車体上部に帯を追加するなど、識別しやすくなっている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV