JR東日本、新幹線のグランクラスを全面発売中止に…車内販売中止も実施 1月16日から

東北・北海道新幹線『はやぶさ』10号車の「グランクラス」。1月16日~2月13日の飲料・軽食サービスを実施しない列車の切符購入者は、そのまま利用できるが、新規の発売は行なわれない。
東北・北海道新幹線『はやぶさ』10号車の「グランクラス」。1月16日~2月13日の飲料・軽食サービスを実施しない列車の切符購入者は、そのまま利用できるが、新規の発売は行なわれない。全 2 枚写真をすべて見る

JR東日本は1月13日、新型コロナウイルスの感染拡大を防止するためとして、1月16日以降に運行する新幹線(北海道新幹線を含む)のグランクラス発売を当面の間、中止すると発表した。

グランクラスについては1月16日~2月13日分がすでに発売されているが、飲料・軽食サービスがない列車以外の切符購入者に対しては、通常のグリーン車への変更を呼び掛けている。

合わせて車内販売の中止も行なわれ、新幹線では『はやぶさ』『こまち』『つばさ』『とき』『かがやき』『はくたか』、在来線特急では『サフィール踊り子』『あずさ』『かいじ』『ひたち』『いなほ』で実施。『サフィール踊り子』のカフェテリア営業や首都圏普通列車のグリーン車で行なわれている車内販売も中止される。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

この記事の写真

/

ピックアップ

Response.TV