ブリッツの“やりすぎない”GRヤリスに注目! 新型レヴォーグも足回りから開発がスタート

BLITZ GR YARIS RZ Hi Performance
BLITZ GR YARIS RZ Hi Performance全 22 枚写真をすべて見る

スポーティなトヨタ『GRヤリス』をベースに、足まわり&吸排気系のチューニングを施したブリッツ。開発中のパーツ群も含めた現時点でのアップデートバージョンが完成したので取材に出かけた。ヘビーになりすぎないメニューが現実的なブリッツの最新仕様を見てみよう。

ストリートからサーキットまでをワイドレンジでカバーできる、スイッチ1つで乗り味が激変する次世代型の足回り

コンパクト系では近年珍しくなっている本格スポーツとして登場したGRヤリスだが、その好素材に目を付けたのがブリッツ。足まわりから吸排気系までをトータルでチューニングできるブランドとして、スポーツ系のユーザーには大きな信頼を得ている。

そんなブリッツがGRヤリスを料理するとこうなるというモデルとしてデビューさせたのが今回紹介する『BLITZ GR YARIS RZ Hi Performance』だ。ストリートから本格スポーツ走行までをワイドレンジにカバーする足まわりから吸排気をチューンアップした。

しっかり加給が掛かってパワー感を感じられるGRヤリス。欧州スポーツの走りのイメージを兼ね備えたモデルであることも開発時に念頭にあったという。クルマも軽く扱いやすい点なども含め、多くのユーザーに受け入れられるスポーツモデルという位置づけで開発を進めたという。真っ先に着手したのが足まわり。ダンパーダブルゼットアール スペックDSCプラスダンパーダブルゼットアール スペックDSCプラスデモカーには全長調整式サスと電子制御式の減衰力調整を組み合わせた「ダンパーダブルゼットアール スペックDSCプラス」(※GRヤリス用は開発中)が組み込まれる。フロント=6kgf/mm、リア=7kgf/mmというスポーティなバネレートを採用し、今回採用している9.5Jのホイールを通じて路面から伝わってくるフィーリングをリアルに感じられる仕様としている。ダンパーダブルゼットアール スペックDSCプラスダンパーダブルゼットアール スペックDSCプラスまた、車内に設置されたコントロールユニットのスイッチを操作するだけで、減衰力を簡単に調整できる。車好きユーザーならこの調整も楽しみの1つだが、チューニング初心者にはハードルの高い作業。しかし、スペック DSC プラスには業界初の“オートモード”が搭載されているので、自動的に最適な減衰力へと調整してくれる。ブリッツが車種ごとに実走テストを重ねたセッティングがされているので、オートモードで設定すればまず間違いない乗り味になるのも魅力的だ。

このサスペンションはストリートでも映えるGRヤリスなので、街乗りもサーキットも両立させる仕様に仕上げている。また、見せる外装という意味でも10Jサイズのホイールだって履きこなせるGRヤリスなので、かなり攻めた足まわりセッティングも楽しめてしまう。チューニング&ドレスアップの両面でGRヤリスの足まわりには可能性が秘められているようだ。

スロコンの装着だけで手軽に30馬力アップ!吸排気系にもドレスアップ要素が盛りだくさん

BLITZ GR YARIS RZ Hi PerformanceエンジンルームBLITZ GR YARIS RZ Hi Performanceエンジンルームまず、電装系では同社お得意の「パワスロ」を装備。スロコン機能に加えてパワーアップを兼ね備えた電子パーツだ。GRヤリスに対して圧力センサーをかませることでブーストアップを実現。装着するだけで30馬力程度のパワーアップが期待できるのも魅力だろう。ポン付けで設置できるこのパーツ、DIYでパワーアップを実施することだってできる注目のアイテムとなった。ニュルスペック カスタムエディション VSRニュルスペック カスタムエディション VSR一方の排気系は「ニュルスペック カスタムエディション VSR」(※GRヤリス用は開発中)が装備されている。他車種用としてはすっかりおなじみとなっている同マフラー、特徴は別体になったテール部分のチョイスが可能な点。チタンカラー、ステンレスカラーに加えてカーボンレッドのチョイスできる。ボディの突き出し量も好みで変更できる。リアビューをスポーティに彩るには絶好のアイテムとなった。

ブリッツがこのクルマのコンセプトとして掲げるのは、「ストリートからミニサーキットまでオールマイティにこなす、ユーザーのお手本になるような1台を目指す」。やり過ぎることなくGRヤリスのユーザーが手にしやすい仕様にした点でも評価できる。スポーツの楽しさを今一度感じさせてくれるブリッツ渾身の仕様の完成だ。

新型レヴォーグユーザーにも期待!新たな注目パーツがデビュー間近

新型レヴォーグ (左) /BLITZ GR YARIS RZ Hi Performance (右)新型レヴォーグ (左) /BLITZ GR YARIS RZ Hi Performance (右)取材当日には、新型レヴォーグ用に向けて開発中の注目パーツを見ることができたので紹介しておこう。こちらは新型レヴォーグ(STIスポーツ)に搭載される、電子制御サスペンションを車高調整式サスペンションに交換する時の対策パーツ。通常、このモデルはサスペンションを交換するとチェックランプ点灯によるエラー表示がされる。しかし、現在開発中の対策ユニットを取り付けることでこの現象を回避できるようになるので、サスペンション交換には必須のアイテムだ。もちろん車検対応のパーツとしてデビュー予定なので、新型レヴォーグユーザーは要チェックだ。

《土田康弘》

ピックアップ