モビリティープラス、世界最小のコロナワクチン輸送車両を初公開…オートモーティブワールド2021

モビリティープラスの新型コロナウイルスワクチン輸送車両(オートモーティブワールド2021)
モビリティープラスの新型コロナウイルスワクチン輸送車両(オートモーティブワールド2021)全 6 枚写真をすべて見る

モビリティープラスは1月20日に東京ビッグサイトで開幕したオートモーティブワールド2021に、新型コロナウイルスワクチンが輸送できるマイナス120度対応の超低温フリーザー搭載車を初公開した。

軽商用バンをベースに、ワクチン数百人分を収納できる超低温フリーザーを後席部分に配置、荷室にはリチウムイオン電池などを搭載している。

モビリティープラスの藤原愼司執行役員によると「一般的に冷凍車と言われている車両はマイナス20~30度、最高に冷やせるクルマでもマイナス50度で、これは冷凍マグロを運んでる。それよりも低い温度は未知の世界」とのこと。しかも軽ベースなので世界最小の新型コロナウイルスワクチン輸送車両となる。

モビリティープラスはもともと出張タイヤサービス車両の製造、販売会社として2005年に創業し、その後は非破壊検査車や地震体験車など様々な特殊車両の企画、製造を行っている。

モビリティープラスの新型コロナウイルスワクチン輸送車両(オートモーティブワールド2021)モビリティープラスの新型コロナウイルスワクチン輸送車両(オートモーティブワールド2021)

今回、初公開した新型コロナウイルスワクチン輸送車両は、これまでに手掛けてきた特殊車両のノウハウを生かし、2020年11月の構想開始からわずが2か月で造り上げたという。ワクチン輸送車両にはリチウムイオン電池のほか、車載発電装置、外部電源、電源ボックスの4ウェイの電源を用いることで、「電源喪失はまずない」と藤原執行役員は胸を張る。

モビリティープラスが手掛ける特殊車両のほとんどが小型トラックや商用バンなど登録車がベースだが、ワクチン輸送車両はダイハツ工業の軽商用『ハイゼット』をベースにしている。藤原執行役員は「小さいものでできれば大きなものでも造れる。だからあえて軽で製作した」と話していた。

モビリティープラスの新型コロナウイルスワクチン輸送車両(オートモーティブワールド2021)モビリティープラスの新型コロナウイルスワクチン輸送車両(オートモーティブワールド2021)

《小松哲也》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ