アウディの新型EV『Q4』、「スポーツバック」とともに2021年発売へ

1回の充電での航続は最大500km

VWグループのEV向け車台「MEB」がベース

前後にモーターを搭載してシステム出力は306hp

アウディ Q4 e-tron コンセプト と Q4 スポーツバック e-tron コンセプト
アウディ Q4 e-tron コンセプト と Q4 スポーツバック e-tron コンセプト全 7 枚写真をすべて見る

フォルクスワーゲングループ(Volkswagen Group)は1月21日、2021年の新車計画を一部明らかにし、傘下のアウディが2021年、新型EVの『Q4 e-tron』と『Q4 e-tron スポーツバック』を発売すると発表した。

1回の充電での航続は最大500km

アウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプトアウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプト

アウディは2020年7月、『Q4 e-tron コンセプト』と『Q4 スポーツバック e-tron コンセプト』を発表した。両車の市販版が2021年に発売される予定で、Q4 e-tronは電動SUV、Q4 e-tron スポーツバックは電動SUVクーペとなる。

2台のコンセプトカーは、今後の量産モデルに導入される電動パワートレインを先取りして搭載していた。2基の電気モーターは、システム全体で306hpの出力を発生する。アウディの他のモデルと同様、駆動力はフルタイム4WDの「クワトロ」を介して路面へ伝達される。その優れたトラクションによって、0~100km/h加速は6.3秒、最高速は180km/h(リミッター作動)の性能を可能にしている。

アウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプトアウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプト

バッテリーは、蓄電容量が82kWhと大容量だ。このバッテリーは、前後アクスル間のフロア下のほぼ全てのスペースを占めている。WLTPサイクルで450kmを超える航続は、このクラスのベンチマークを打ち立てると自負する。Q4には、上位モデルのクワトロに加えて、後輪駆動バージョンも設定され、WLTPサイクルで500kmを超える航続を可能にするという。

VWグループのEV向け車台「MEB」がベース

アウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプトアウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプト

車台は、「モジュラー エレクトリフィケーション プラットフォーム(MEB)」がベースだ。MEBは、コンパクトクラスからアッパーミドルクラスに至るまで、将来的にフォルクスワーゲングループが製造する数多くのEVに採用される予定だ。

MEBは、幅広い駆動方式と出力レベルに対応している。Q4 スポーツバックe-tronコンセプトには、高性能な電動パワートレインが搭載されている。フロントとリアアクスルは、電気モーターによって駆動される電動クワトロシステムとなる。フロントとリアアクスルをつなぐ機械的なリンクは存在しない。その代わりに、電子制御システムが、トルクを一瞬で前後のアクスルに最適に配分する。これにより、気象条件や路面状況を問わず、最適なトラクションを発揮することができるという。

アウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプトアウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプト

ほとんどの走行状態では、主にリアに搭載された永久磁石同期モーターを使用する。効率上の理由から、通常はリアアクスルに、より多くの駆動力が配分される。

ドライバーが、リアの電気モーターが供給可能なパワーよりも多くの駆動力を要求した場合、電動クワトロシステムは、必要に応じてフロントの非同期モーターにトルクを配分する。これは、滑りやすい路面や高速コーナリング中にスリップが発生する前、または車両がアンダーステアまたはオーバーステアの状態になる前にも、予測的に行われるという。

アウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプトアウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプト

前後にモーターを搭載してシステム出力は306hp

リアの電気モーターは、最大出力204hp、最大トルク31.6kgmを発生する。フロントの電気モーターは、最大出力102hp、最大トルク15.3kgm。前後を合計したシステム出力は306hpだ。バッテリーは、最大出力125kWで充電することができる。出力125kWの急速充電を利用できる場合、約30分でバッテリー容量の80%まで充電することが可能だ。

アウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプトアウディ Q4 スポーツバック e-tron コンセプト

航続を最大化するために、回生システムも備えている。さらに、駆動系とバッテリーを保護するCO2ヒートポンプを備えた熱管理システムも、高い効率に貢献する、としている。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ