ダイハツ、ハイゼット など62万台をリコール…ATオイル漏れで急減速のおそれ

ダイハツ ハイゼットカーゴ(参考画像)
ダイハツ ハイゼットカーゴ(参考画像)全 4 枚写真をすべて見る

ダイハツは1月28日、『ハイゼット』など10車種62万4105台について、オートマチックトランスミッションに不具合があるとして、国土交通省にリコール(回収・無償修理)を届け出た。

対象となるのは、スバル『ハイゼット』『ハイゼットトラック』『ハイゼットデッキバン』『アトレーワゴン』、スバル『サンバー』『サンバートラック』『サンバーオープンデッキ』『ディアス』、トヨタ『ピクシストラック』『ピクシスバン』の10車種で、2014年8月3日から2020年11月6日に製造された62万4105台。

対象車両は、動力伝達装置にて、バルブボデーが異常摩耗し油圧漏れが発生するものがある。また、油圧漏れが発生した際に、AT制御コンピュータのプログラムが不適切なため、故障検知を正しく行わないものがある。そのため、油圧漏れを正しく検出できず、そのままの状態で使用を続けると、油圧漏れが大きくなり、最悪の場合、意図せぬクラッチが係合し、一時的に急減速するおそれがある。

改善措置については、バルブボデーの異常摩耗の検証に時間を要するため、全車両、AT制御コンピュータのプログラムを対策プログラムに書き換えるとともに、油圧漏れを点検し、油圧漏れが確認できた場合には、バルブボデーを新品と交換する。なお、バルブボデーの異常摩耗については原因が特定でき次第、必要に応じて措置を講じる。

改善箇所改善箇所

不具合は35件発生、物損事故が1件起きている。市場からの情報によりリコールを届け出た。

《纐纈敏也@DAYS》

ダイハツ ハイゼットの燃費はこちら!

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  3. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  4. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  5. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  6. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  7. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  8. 運転免許の有効期限延長、対象を拡大---12月28日までの免許
  9. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  10. 世界中のオフローダーを熱くする! 4x4エンジニアリングの最強ホイール「ブラッドレー」に注目PR
ランキングをもっと見る