ポルシェ タイカン、後輪駆動のベースグレードを導入 1171万円で予約受注開始

ポルシェ・タイカン
ポルシェ・タイカン全 6 枚写真をすべて見る

ポルシェジャパンは、フル電動スポーツカー「タイカン」シリーズに後輪駆動のベースグレード『タイカン』を追加し、1月28日より予約受注を開始した。

今回受注を開始したタイカンは『タイカンターボS』、『タイカンターボ』、『タイカン4S』に続く4番目のバリエーションとして導入する。総容量79.2kWhのパフォーマンスバッテリー(シングルデッキ)を標準装備し、ローンチコントロールとオーバーブーストモード使用時に最高出力408psを発生。オプションで総容量93.4kWhのパフォーマンスバッテリープラス(2デッキ)を選択すると最高出力は476psに増加する。最大航続距離(WLTP)はそれぞれ431kmと484km。いずれも0-100km/h加速は5.4秒、最高速度は230km/hに達する。

エクステリアはポルシェデザインのDNAを受け継ぎ、フロントから見ると、盛り上がったフェンダーと低く構えたワイドな外観を備える。ベースグレードのタイカンは、19インチタイカンエアロホイールとブラックアルマイト仕上げのブレーキキャリパーを装着。ブラックのフロントエプロン、サイドシル、およびリアディフューザーはタイカン4Sと同様。LEDヘッドライトも標準装備する。

インテリアでは、ダッシュボードに10.9インチインフォテインメントディスプレイを装備。助手席用ディスプレイもオプションで用意する。また、パーシャルレザーインテリアと8ウエイ電動調節機能付フロントコンフォートシートを標準装備するほか、フロントに84リットル、リアに最大407リットルのラゲッジコンパートメントも備える。

ポルシェ・タイカンポルシェ・タイカン

アダプティブエアサスペンションはスマートリフト機能も装備する。道路のバンプやガレージのドライブウェイなど、いつも通る特定の場所で車高を自動的に持ち上げるようにプログラム。高速道路でもアクティブに車高に介入し、効率と走行快適性を最大限にバランスさせるように車高を調整する。

ブレーキはフロントに対向6ピストン式アルミニウム製モノブロックキャリパー、リアに対向4ピストン式ユニットを標準装備する。ベンチレーテッドブレーキディスクの外径はフロントが360mm、リアが358mm。キャリパーはブラックアルマイト仕上げとなる。

ポルシェ・タイカンポルシェ・タイカン

右ハンドルのみで価格は1171万円。

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ