フェラーリ世界販売、日本は24%増と2桁増を維持 2020年

フェラーリ F8 スパイダー
フェラーリ F8 スパイダー全 3 枚写真をすべて見る

フェラーリ(Ferrari)は2月2日、2020年の世界新車販売(出荷ベース)の結果を発表した。総販売台数は9119台。前年比は10%減と、マイナスに転じた。

車種別の2020年の販売実績では、V型12気筒ガソリンエンジン搭載車が、前年比9%減と後退した。販売の主力は『812スーパーファスト』。PHVスーパーカーの『SF90ストラダーレ』の納車も、2020年第4四半期(10~12月)に開始された。

『F8トリブート』など、V型8気筒ガソリンエンジンを積むモデルも、前年比10.3%減とマイナスに転じた。『488ピスタ』シリーズはモデル末期に。2021年内には、『ポルトフィーノM』の納車が開始される予定だ。

市場別の2020年の販売実績では、欧州や中東、アフリカが、前年比2%減の4818台と後退した。南北アメリカは、前年比20%減の2325台と、2年連続で前年実績を下回った。中国(香港と台湾を含む)は、前年比45%減の456台とマイナスに転じている。

フェラーリ488ピスタフェラーリ488ピスタ

中国を除いたアジア太平洋地域は、前年比1%増の1520台とプラスを維持した。このうち日本は、アジア太平洋地域で最多の1085台を販売し、前年比は24.7%増と2桁増を維持している。

《森脇稔》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. トヨタの新型ミッドシップ計画は生きていた!? アンダー600万円で出るか「MR2」後継
  2. 【トヨタ GR 86 & スバル BRZ 新型試乗】私がラリーで使うなら『BRZ』を選ぶかな…竹岡圭
  3. 世界初の工法を編み出したエンジニアの挑戦、レクサス板金技術者が語る『R3』への道…名古屋オートモーティブワールド2021PR
  4. トヨタ純正ディスプレイオーディオに外部機器を接続する奥の手[サウンドユニット セッティング法]
  5. 新型『インテグラ』はターボチャージャーエンジン搭載?…今週読まれた記事ランキング
  6. 【ホンダ シビック 新型試乗】硬質感ある乗り心地も、走るほどに好感触…中村孝仁
  7. 大型タブレットを設置&充電、ドリンクホルダー設置型車載ホルダー登場
  8. 【シトロエン C3エアクロス 海外試乗】マイチェンを経てなお、成熟したスモールSUV…南陽一浩
  9. ホンダ、FF最速王者奪還へ!? 新型『シビックタイプR』、ついにニュル降臨
  10. ホンダ シビック 「Si」新型、200馬力ターボに「タイプR」のテクノロジー…米国発表[動画]
ランキングをもっと見る