4ドアクーペ最速か!? メルセデスAMG GT の新グレード「73e」プロトタイプを初スクープ

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ「73e」プロトタイプ(スクープ写真)
メルセデスAMG GT 4ドアクーペ「73e」プロトタイプ(スクープ写真)全 26 枚写真をすべて見る

改良モデルの開発が進められているメルセデスベンツの高性能4ドアクーペ『AMG GT 4ドアクーペ』。スクープサイト「Spyder7」は、その頂点に君臨する新グレード「73e」の市販型プロトタイプを初めて捉えた。

AMG GT 4ドアクーペは、2018年3月のジュネーブモーターショーで初公開され、翌2019年に発売された。現在「AMG GT 43 4MATIC+」、「AMG GT 53 4MATIC+」、「AMG GT 63 4MATIC+」、「AMG GT 63S 4MATIC+」がラインアップされているが、新たに73eがハイエンドモデルとして設定されることになる。

捉えたプロトタイプは、右側テールライトの下に充電ポートを装備、バッテリーパックの容量の詳細は不明だが、電力だけで約31マイル(50km)の後続を可能とするPHEVだ。改良新型では、主にフロントバンパーとリアバンパーに焦点を当てデザインが刷新され、キャビン内ではインフォテインメントシステムをアップデートするほか、トリムとカラーオプションの追加がなされるだろう。

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ「73e」プロトタイプ(スクープ写真)メルセデスAMG GT 4ドアクーペ「73e」プロトタイプ(スクープ写真)
最大の注目はそのパワートレインだ。その心臓部には、AMGお馴染みの4.0リットルV型8気筒ツインターボエンジンのハイブリッドアシストバージョンが搭載される。その最高出力は「63S」の630psを大きく超える805psを叩き出す。

ハイブリッドコンポーネントという重量ハンディがあるものの、AMG GT 73eは市場で最も加速の早い4ドアクーペの1つになると予想されており、0-100km/h加速は3秒以下になる可能性があるという。

AMG GT 73eのワールドプレミアは、2021年内。このパワートレインが、『Sクラス』や次世代『SLクラス』など他のメルセデスモデルにも設定されることが期待される。

新型車を最速スクープ『Spyder7』をチェック!

《Spyder7編集部》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ