ZFの新世代8速AT、燃費10%以上向上…大型受注を北米で獲得

ZFの新世代8速AT「パワーライン」
ZFの新世代8速AT「パワーライン」全 1 枚写真をすべて見る

ZFは2月9日、「パワーライン」と呼ばれる新世代8速ATに対して、北米の自動車メーカーから数十億ユーロの大型受注を獲得した、と発表した。

ZFのパワーラインは、クラス3からクラス7/ベビー8まで、幅広い商用車と組み合わせて使用できる。最大トルクは138kgm、車両重量は25.8トンまで対応する。コンパクトで強力な8速ギアを備えたZFパワーラインは、クラス最高レベルのパワーウェイトレシオを実現しており、スムーズなギアチェンジにより、従来の6速ATと比較して加速が良くなるという。

この8速ATは、両側に高トルクエンジン駆動PTOインターフェイスを備えている。あらゆるトラック、集配車、除雪車、レッカー車、ごみ収集車、バスなどに搭載することが可能だ。高効率の8速ギアレイアウトとツイントーショナルダンパートルクコンバーターを組み合わせることで、燃費は10%以上向上しているという。

ZFのパワーラインは、6速ATと比較して大幅な温室効果ガス排出量の削減が可能で、9速や10速ATよりも効率が高い。競合製品よりも可動部品が少なく、重量が軽いため、クラス最高レベルの長寿命とメンテナンスの削減を可能にするという。

ZFは2020年10月から、パワーラインの生産をドイツで開始した。2023年からは、米国サウスカロライナ州グレイコート工場でもパワーラインを生産することにより、北米市場の需要に応えていく。

《森脇稔》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ