トライアンフ 2021年ボンネビルシリーズ発表、高性能かつスタイリッシュに進化

トライアンフ 2021新型ボンネビルシリーズ
トライアンフ 2021新型ボンネビルシリーズ全 12 枚写真をすべて見る

トライアンフモーターサイクルズジャパン2月23日、パフォーマンス、機能性、スタイルをアップデートした2021新型ボンネビルシリーズを発表。2021年4月(予定)から販売を開始する。

1959年に誕生した初代トライアンフボンネビルからの血統を受け継いだ、モダンクラシックのボンネビルシリーズが2021年モデルにアップデート。往年のテイストを色濃く反映した『ボンネビルT120』、『T120ブラック』、『T100』、モダンカスタムの『ストリートツイン』と限定モデルの『ストリートツイン ゴールドライン』、クラシカルなクルーザーモデル『ボンネビルスピードマスター』、王道的存在の『ボンネビルボバー』をラインアップする。

ボンネビルT120 & T120ブラック

トルク型1200ccツインエンジンのパフォーマンス、洗練されたセッティング、ボンネビルならではの美しいDNAが特長の英国流正統派バイク。2021年モデルはトータルで7kgの軽量化に加え、新設計の軽量アルミニウムホイールリムや新設計ブレンボ製ブレーキとツインデスクの採用によりハンドリング性能を高めた。また、クルーズコントロールの標準化、「ロード」と「レイン」のライディングモードの強化、スロットルレスポンスの向上、新設計メーターパネルなど、テクノロジーも進化させた。

トライアンフ ボンネビルT120トライアンフ ボンネビルT120

カラーはT120がコバルトブルー/シルバーアイス、コルドヴァンレッド/シルバーアイス、ジェットブラックの3色を、T120ブラックがマットジェットブラック/マットグラファイト、ジェットブラックの2色を設定。価格は157万6000円から161万5600円。

ボンネビルT100

トライアンフ ボンネビルT100トライアンフ ボンネビルT100

T100はボンネビルに初めて乗る人に最適なモデル。2021年モデルは900cc高トルク型ツインエンジンの出力を10ps向上し、最高出力65psを発生、排出ガスは低減している。加えて、4kgの軽量化の実現、新設計のカートリッジフォークとブレンボ製フロントブレーキによる足回りの強化、ライダーをサポートする最新テクノロジーや洗練された新デザインのディテールの採用により、これまで以上に優雅で洗練された乗り味を実現する。

カラーはカーニバルレッド/フュージョンホワイト、ルーサンブルー/フュージョンホワイト、ジェットブラックの3色を設定。価格は128万円から131万9600円。

トライアンフ ストリートツイントライアンフ ストリートツイン

ストリートツイン

モダンクラシックのストリートツインは、低排出ガスを実現した最新の900cc高トルク型ツインエンジンを搭載。軽量で機敏な乗り味をもたらす低めのシート高765mmなど、ビギナーからベテランまで幅広いライダーに支持されている。2021年モデルは、トルクリッチでスリリングなパフォーマンス、ハンドリング性能を高めた。またクッションを厚くすることでベンチシートの座り心地を改善。新設計のキャストホイールとマシニング仕上げのスポーク、ボディパーツ、ディテールにブラッシュドアルミニウムを採用するなど、現代的なカスタムスタイルをさらに洗練させた。

トライアンフ ストリートツイン ゴールドライン リミテッドエディショントライアンフ ストリートツイン ゴールドライン リミテッドエディション

カラーはコバルトブルー、マットアイアンストーン、ジェットブラックの3色を設定。価格は110万5000円から113万1500円。手描きのゴールドラインで彩られた限定モデル「ストリートツイン ゴールドライン リミテッドエディション」も117万3000円で用意する(5月発売予定)。

ボンネビル スピードマスター

トライアンフ ボンネビルスピードマスタートライアンフ ボンネビルスピードマスター

スピードマスターは、ゆったりとした理想的なポジションでロングライドも楽しめる英国生まれのクラシックカスタム。最新モデルは、1200cc高トルク型ツインエンジンをアップデートしたほか、ショーワ製47mm径カートリッジフォークの採用など、各装備をハイスペック化、そしてディテールの高級感の向上により、使い勝手の良さと洗練されたスタイルを一段と引き上げた。

カラーはサファイアブラック/フュージョンホワイト、レッドホッパー、ジェットブラックの3色を設定。価格は179万円から182万9600円。

トライアンフ ボンネビルボバートライアンフ ボンネビルボバー

ボンネビルボバー

圧倒的なルックスとスリリングな乗り味を兼ね備えたカスタムクラシック。2021年モデルは、エンジン性能の強化によってレスポンスを向上させ、スリリングな乗り味に磨きをかけた。12リットルの新設計燃料タンクやハイスペック化したブレンボ製ブレーキとショーワ製フォーク、幅広な16インチの新設計フロントホイールなど、各種装備のスペックを向上。シートとフットレストの位置は調節可能とした。また、スタイリングをブラックアウトして骨太感を強調するなど、大幅なアップデートを施している。

トライアンフ ボンネビルT100トライアンフ ボンネビルT100

カラーはマットストームグレー/マットアイアンストーン、コルドヴァンレッド、ジェットブラックの3色を設定。価格は179万円から182万9600円。

《纐纈敏也@DAYS》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  2. トヨタの大型ピックアップ、新型が9月19日米デビューへ
  3. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  4. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  5. トヨタ RAV4 に2022年型、新LEDライトで表情変化…欧州で先行発表
  6. 寝台特急『サンライズ』が乗務員扉を開いたまま走行…原因は車掌の施錠ミス
  7. 日野プロフィア、3万4000台をリコール 異常燃焼発生で走行不能
  8. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  9. マツダ CX-5 改良新型、表情一新…米国で先行発表
  10. 【シトロエン C5エアクロスSUV PHEV 新型試乗】手玉をとられるばかりである…岩貞るみこ
ランキングをもっと見る