プジョー 208、ガソリンモデルの燃費を5%向上…エコカー減税対象に

プジョー 208
プジョー 208全 4 枚写真をすべて見る

グループPSAジャパンは、2月24日よりプジョーのコンパクトカー『208』および『e-208』の「GTライン」グレードを「GT」に呼称変更し、ガソリンエンジンモデルのWLTCモード燃費値を5%向上させるなど、商品改良を実施した。

今回の商品改良では、全グレードでWLTCモード燃費を17.0km/リットルから17.9km/リットルへと5%アップ。排ガス基準四つ星レベル(50%低減認定車)を取得し、エコカー減税の対象となった。

208/e-208は、最上級グレードの「GTライン」が「GT」へと呼称が変わり、車体各部のエンブレムをGTに変更。17インチアロイホイールのカラーをダークグレー(e-208 GTはホイール変更なし)としたほか、フロントシートヒーターを標準化している。「アリュール」はGT同様燃費改善と、エコカー減税対象となる。「208スタイル」(受注生産モデル)はヘッドライトがLEDとなり、16インチアロイホイール(グレー)となる。

価格は208スタイルが249万9000円、208アリュールが262万9000円、208 GTが299万円、e-208アリュールが389万9000円、e-208 GTが426万円。

プジョー 208GTプジョー 208GT

《纐纈敏也@DAYS》

この記事はいかがでしたか?

ピックアップ