3Dカメラで混雑率をリアルタイムに計測…東京メトロが列車混雑計測システムを本格運用へ

東京メトロ日比谷線虎ノ門ヒルズ駅。デプスカメラはホーム端に設置される。
東京メトロ日比谷線虎ノ門ヒルズ駅。デプスカメラはホーム端に設置される。全 3 枚写真をすべて見る

東京地下鉄(東京メトロ)は3月1日、デプスカメラと人工知能(AI)を活用した列車混雑計測システムを本格運用すると発表した。

デプスカメラとは、従来のカメラのような平面的な情報のみならず、奥行の情報も取得できる3Dカメラのことで、インテル社が開発した「D455」などの製品が市販されている。

従来、列車の混雑状況を計測するデータとしては、車両搭載荷重や改札の利用者数が用いられてきたが、東京メトロの場合は、相互直通運行を行なっている他社線の車両も多くあることから、車両搭載荷重を基にしたリアルタイム計測には限界があった。

そこで、2019年9月からは東西線東陽町駅(東京都江東区)、2020年11月からは丸ノ内線新宿駅(東京都新宿区)で、駅発車時の列車側面をデプスカメラで撮影し、それを基にしたデータを機械学習したAIに分析・解析させることで、混雑状況をリアルタイムに計測する実証実験が行なわれてきた。

デプスカメラによる撮影イメージ。このように肖像権などのプライバシーは保護される。デプスカメラによる撮影イメージ。このように肖像権などのプライバシーは保護される。

東京メトロでは「この度、その技術検証が完了した」として、全線の複数駅に計測態勢を整え、運用を順次開始。2021年度中には全線のリアルタイムな列車混雑状況を提供したいとしている。

《佐藤正樹(キハユニ工房)》

ピックアップ

アクセスランキング

  1. 【トヨタ ランドクルーザー 新型試乗】乗り心地に懐かしさも、やっぱり個性的な車は楽しい…九島辰也
  2. 完成は10年後か 見えてきた外環道東京区間開通 陥没事故の工事区間に動きが
  3. 新型「ランドクルーザー」の納期はなぜ長いのか あの地域との深い関係とは
  4. 撤退したはずのフォード 今でも正規並みのサービスで新車購入が可能という事実
  5. スバル、群馬製作所の操業停止を再度延長---9月22日まで
  6. トヨタ『GRカローラ』と『プリウスPHV』次期型は水素エンジン搭載か!? 登場時期は
  7. レンジローバー スポーツ SVR、トヨタ プラド とチェイス…『007』最新作
  8. セルスター、受信性能2倍アップの一体型セーフティレーダー 3.7インチモデルを発売
  9. マツダ CX-5 改良新型、新写真を公開…欧州仕様[写真35点]
  10. 道の駅かさま、キャンピングカー車中泊スペースにタイムズの予約制駐車場を導入
ランキングをもっと見る